YOUTUBEで稼ぐにはどうすれば?

投稿者: |

今や全インターネット人口の3分の1以上が使用し、Googleに次ぐ巨大検索エンジンとなったYouTube。2020年に控えた5Gの国内での商用化により、携帯機器でも気持ちが良いに動画視聴が可能なようになるため、今後動画市場の爆発的な拡大が見込まれています。この動きに商機を見出し、会社も個人もYouTubeチャンネルを開設する動きが高まっています。とはいっても、やはり意気込んで動画を急上昇したものの、YouTube検索で上位表示されない。リユース回数が伸びない。YouTubeへの新規参入者たちの間でたそのような面倒が尽きないようです。それは、もしかするとYouTubeでのSEO対策が正しくできていないからかもしれません。YouTubeで検索上位に表示されるためには、第一に視聴者のニーズに応えるコンテンツを作り込む事、しかも第二にYouTubeのプラットフォームに自分のチャンネルの情報を正しく伝えたえる事が必要です。それを踏まえて動画掲載後も、SNSでの占有率や視聴者とのエンゲージメントを高める事、YouTubeアナリティクスをポイントにPDCAサイクルをリピートするなど、行動を続ける事が不可欠です。

この投稿ではそれらのステップを理解いただけやすく紹介していきます。読み終わるころには、YouTubeで検索上位を入手するための動画SEOの流れが認識可能なでしょう。多くのYouTubeビギナーがこの点でつまずいているようです。YouTube動画を上位表示させるために最も必須な秘訣は、コンテンツの企画段階で、検索上位を意識したいキーワードを決断する事です。動画をYouTubeに急上昇ロードする時点でキーワードを腹積もり開始するのでは手遅れです。

ここでの「キーワード」とは、潜在視聴者が貴方の動画にたどり着くときに、YouTube検索窓に入力するであろう語句です。いわば、検索者の「チェックしたい」というニーズが反映されています。この視聴者ニーズをキーワードから逆算して動画コンテンツを企画・制作する事で、ニーズの無い独りよがりな中身ではなく、視聴者に求められるコンテンツを仕上げる事が可能なのです。これが、動画を上位表示させ補修回数を伸ばすための最も必須な極意にして、一番目のスタートです。これは無料ブログサービス投稿のSEO対策の見解と共通しています。とはいっても、動画はテキストコンテンツとは異なり、一度収録を終えてしまうとコンテンツの修正や中身付け足しに大きな手間がかかります。

YouTube動画のSEO対策では、動画の撮影前に狙うキーワードを設定する事が、文章コンテンツ組み立て時以上に大切なのです。ブレストで書き出したキーワードを実のところにひとつづつYouTubeの検索窓に入力してサジェストキーワードを見極めしましょう。サジェストキーワードとは検索窓に語句を入力すると表示される、その語句に関連した候補キーワードの事です。サジェストキーワードのトレードマークは、それがよく検索される語句であり、視聴者のニーズが高いキーワードである事です。キーワードの候補がリストアップできたら、「月間検索ボリューム」を調査して、各キーワードの競争率の高さを理解しましょう。

月間検索ボリュームとは、ひと月に何回そのキーワードが検索されたかを示す数値です。検索ボリュームが大きいほどそのキーワードを狙うプレイヤーが多くなるため、上位表示のための競争率が高くなる性質にあります。つまり、検索ボリュームが高いほど検索上位の入手は面倒になります。